前へ
次へ
古来より、かつお節はお祝い事に使われてきました。
結婚式には「雌節(背節)と雄節(腹節)で夫婦一体」、お祝い時は亀節「鶴亀」に通じての縁起の良さ、そしてかつお節ひとつに「松竹梅」の意味も。
鰹節の表面の皮には松の姿、削り肌には竹の模様、先端を五角の梅鉢形に削れば、3つ揃った「松竹梅」。 家を新築した際の上棟式には、これからの無事と家の安全を意味して、神社の屋根の棟木「堅魚木(かつおぎ)」にちなんで贈られていました。
かつお節そのものにある良義はもとより、何より喜ばれていたのが「必ず使う」というところ。お味噌汁、煮物、おひたし。今も昔もかつお節は日本の食卓の必需品です。

世代を問わず、そして健康を気にされている方にも


日本のカツオはたったの一年で西太平洋を一周します。そのパワーが凝縮されたかつお節はエネルギーの宝庫。世界共通語となった「旨味(UMAMI)」の素であるイノシン酸はもちろん、必須アミノ酸にミネラル、ビタミンB・D、リジン、リン、カリウムなども豊富。ストレスに効くタンパク質もたっぷりです。
そして何より保存料、着色料、香料、防腐剤など一切無添加。まさしく自然食品の王様です。

ひとつひとつ削りたてを手で包装、贈り主様の気持ちを込めて


大和屋では、選び抜いた国産のかつお節を独自に開発した遠赤外線で焼き、削りにかけ、すぐにかつお節専用の密閉パックに密封します。
香りが命の削り節は、削りたてが最も香り高まる瞬間。その瞬間をご家庭でも楽しんで頂く為、毎日新鮮なかつお節を削っております。良質な贈り物に、真心を込めて、ひとつひとつ手で包装しての発送。大切なあの人への贈り物に、是非ご利用下さい。